仮性包茎手術の内容や解説、仮性包茎について解説!

2008年04月25日

仮性包茎手術の体験談日記ブログ

仮性包茎手術の体験談日記ブログ


包茎にも種類があり、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎があり、皮膚のあまりぐあいによって呼び方がかわっているだけです。見た目をキレイにしたいのなら、包茎手術が一番の解決策です。費用は高額ですが、一生の悩みを考えれば、安いといってもいいのではないでしょうか?私自身、包茎治療の商品などを使ったことがありますが、無駄使いに終わってしまい、結局包茎手術をしました。包茎手術をしてよかたと思っています。温泉にも普通にいけるし、性行為もはずかしくなくなったので、精神的に悩むことは一切なくなりました。
包茎で悩んでいる方は、包茎手術をとても怖いとイメージしているともいます。それは、自分のペニスにメスを入れたり、縫ったりすることを思えば、怖くなってしまうのも当然だと思います。ですが、実際に私の包茎手術の体験談ですと、包茎手術後の痛みも麻酔を飲んでいたのでまったくありませんでしたし、包帯で傷跡をまいていたので、あまり見た目もきにしていませんでした。指に包帯を巻いたときをイメージすればなんとなくのイメージがわくと思います。一ヶ月間ぐらいは、包帯をまいたままで、一日に一度包帯をとて、消毒液をたらすだけ。オシッコのときは、包帯に付かないように注意します。できれば大のほうでオシッコをしたほうが、周りに見られないのでそのほうがいいと思います。真性包茎だと、自分で無理やり剥くこともできますが、見た目がかわるわけではないので、包茎が治るということはありません。
posted by 仮性包茎克服者 at 06:43| 仮性包茎手術体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

仮性包茎手術の傷跡・・・

仮性包茎手術を受けた際にのこった傷跡・・・
包茎手術の結果がどうなるか気になって不安になっていませんか?包茎手術は、亀頭部分のあまった皮を切って縫うため下手な医師に丹生術をされると結果は悲惨です。新人の医師の練習患者にされることもないともいいきれません。事実私は下手な新人医師の練習台にされましたから・・・局部麻酔のため、包茎手術のときも手術の一部始終を見ることができるため私は包茎手術のとき、ずっと医師をみていました。初めは麻酔をして、痛くないか聞かれ、何も感じないいったら、手術が開始されました。ベテラン風の医師と新人医師風の若造が2人。ベテラン医師が半分を縫い終わったあと、新人医師が残りの皮を縫いました。なぜ半分の皮を新人医師が縫ったかとわかるかというと。縫っている光景を見ていたわけではありません。自分のものを手術されているのにしかもぺ○スを手術しているのに、怖くて見ることなんてとてもできません(汗
じゃあなぜ分かったかというと、手術が終わって1ヶ月後に完全に傷口は完治した自分のぺ○スを見たときに半分がキレイに仕上がっていてもう半分がぎざぎざの傷あとが残っていたから・・・あれだけ手術前にキレイに仕上げてくださいと何度も頼んだのに・・・所詮金目的のいい加減な医師に当たってしまったとあきらめました。憎んでも傷跡は戻らないからね。もしこれから手術をしようとおもっているのなら、包茎手術の専門病院をしっかり見極めて担当医師とじっくりそうだんしてから包茎手術をする事を強くお勧めします。後で後悔しないためにも。恥ずかしい気持ちもわかりますが、手術後何十年も傷跡のチン○を見るのはいやでしょう?激安の病院や対応の悪い病院クリニックは問題外。高くてもしっかりした対応をとってくれる大手のクリニックの方が結果的に安上がりになります。いろんな意味で。5万10万の違いは確かに大きいですが、それでキレイな仕上がりになって一生ストレスを感じなくなるとしたらそれでも高いとおもいますか?包茎手術体験者としてのアドバイスでした。参考になれば幸いです。
posted by 仮性包茎克服者 at 22:17| 仮性包茎手術体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトでは、管理人の体験をもとに包茎治療法方や手術の体験談を解説しております。 包茎とは? 包皮を反転させて亀頭を露出させることが不可能な場合を、包茎(ほうけい)あるいは真性包茎(しんせいほうけい)と呼ぶ。 包皮の一部が亀頭に癒着していることや、亀頭先端を覆う包皮が狭い(包皮輪狭窄が起こっている)ために亀頭を通過させられないことが原因で起こる。日本の成人男性の1ないし2%程度が真性包茎であるとされている。 ウィキペディア参考。 包茎治療の方法は器具やサプリメントといったものもありますが、伸びた皮を縮めることはできません。 包茎治療には包茎手術がいいです。 当サイトの包茎治療の情報がお役にたてれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。