仮性包茎手術の内容や解説、仮性包茎について解説!

2007年10月03日

仮性包茎の治療法自宅バージョン

仮性包茎は手術をしなくても日本の男はほとんど仮性包茎とわれていますが、実際、女性を目の前にして皮がかぶっているよりはむけていたほうが喜ばれるのはあり足り前です。逆の立場で考えてみればいりも区両全。皮がパブっていればくさいし、見た目も良くない。挿入しているときも亀頭がの感触が弱まる。いいことがないは目に見えていr増す。包茎手術というと抵抗はあるとおもいますが最近の最新医療テクニックだと想像以上に簡単でキレイに仕上がるので一生のためいも情報収集して包茎について真剣にかんがえてみるのもいいとおもいjます。
【関連する記事】
posted by 仮性包茎克服者 at 21:09| 仮性包茎の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトでは、管理人の体験をもとに包茎治療法方や手術の体験談を解説しております。 包茎とは? 包皮を反転させて亀頭を露出させることが不可能な場合を、包茎(ほうけい)あるいは真性包茎(しんせいほうけい)と呼ぶ。 包皮の一部が亀頭に癒着していることや、亀頭先端を覆う包皮が狭い(包皮輪狭窄が起こっている)ために亀頭を通過させられないことが原因で起こる。日本の成人男性の1ないし2%程度が真性包茎であるとされている。 ウィキペディア参考。 包茎治療の方法は器具やサプリメントといったものもありますが、伸びた皮を縮めることはできません。 包茎治療には包茎手術がいいです。 当サイトの包茎治療の情報がお役にたてれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。